教師紹介

加藤 量子(かとう かずこ) ・谷桃子バレエ団研究所系列会員・目黒区洋舞家連盟理事

加藤 量子バレエスクール/
オープンクラス 担当

5歳よりバレエを始める。

1962-82年
佐々智恵子バレエ研究所・バレエ団に所属。プリンシパル及びソリストとして、主なバレエ団公演に出演。また、後輩の指導にもあたる。
1975-82年
日ソ芸術愛好協会主催 特別レッスン受講。
1976年
訪ソ。モスクワ ダンチェンコ劇場にてバレエ研修。
1978年
東京新聞主催 全国舞踏コンクール・シニア部門第2位受賞。
1982-97年
谷桃子バレエ団所属。ソリストとして主なバレエ団公演に出演
1992年
スタジオAILES(エイル)設立。
1992年~
サンフランシスコ・シティバレエスクール夏期特別講習会(名古屋(受講)。芸術監督主任教師ダマラ・ベネット女史、ハンリー・バーグ氏に師事。
1992/96/97年
訪米。サンフランシスコ・シティバレエスクール/ベイエリアユースバレエにてバレエテクニック及びバレエ教授法を学ぶ。
1997/98/
2001/02年
青少年のためのコンクール、ザ・バレコンの審査員を務める。
2004年10月
訪米。ポートランド、オレゴンバレエシアタースクール研修。
2006年10月
カナダ オーディションツアー参加、スクール研修
2007年
YAGPコンクール、ニューヨーク決選出場

尾崎 久美(おざき くみ)

尾崎 久美R.A.D.グレード取得クラス/キャラクタークラス/
オープンクラス 担当

3才より小島悠子バレエアカデミーにてRAD(英国Royal Academy of Dance)メソッドのバレエを学ぶ。
東京や、ロンドンで開催されたRADサマースクールや、
チェコでのInternational Ballet Masterclass in Pragueに参加し、
クラシックバレエやコンテンポラリーダンスを学ぶ。
PrimaryからAdvanced2まで全ての試験に合格、ARADを取得。

2009年1月からCertificate in Ballet Teaching studies (教師資格取得コース)受講。
2010年10月同課程修了。RAD登録教師に認定される。
2008年より井上朱実のもとでGYROKINESIS(R)の指導者コースを受講。
2009年11月にジュリオホバスよりGYROKINESIS(R)トレーナーに認定される。
現在は子供から大人まで、ジャイロキネシスとバレエを指導している。

加藤 未希(かとう みき) ・谷桃子バレエ団 団員・東急セミナーBEたまプラーザ校講師

加藤 未希バレエスクール/
オープンクラス 担当

タカハシワカコバレエスタヂオにてバレエを始める。

2000年
日本バレエ入所
2002年
AMスチューデンツ入所
2004年
原 麻衣子ジュニアバレエ入所
同年、モナコ・アカデミードゥダンスクラシックプリンセスグレースへ留学
マリカ・ベゾブラゾヴァ、ローラン・フォーゲルに師事
帰国後、2008年谷桃子バレエ団研究所入所。

【団公演出演作】

60周年記念公演、(白鳥の湖、ジゼル、ドン・キホーテ、リゼット、レ・ミゼラブル)
新春公演、(ラ・バヤデール、シンデレラ)、創作バレエ、高部作品に出演

【団外公演出演作】

2002年
日本バレエフェスティバル「デフィレ」
同年 牧阿佐美バレエ団「くるみ割り人形」キャンディーケーキ
第31回、第34回日本バレエ協会全国合同バレエの夕べ、(長瀬 伸也作品)

【受賞歴】

2000年
第3回NBA全国バレエコンクール小学生の部 奨励賞
2010年
第43回埼玉舞踊コンクール一部 奨励賞

大塚 彩音(おおつか あやね)

大塚彩音

3歳より沖縄にてバレエを始める

2006年
東京バレエ学校に入学
2008年
スタジオエイルにて加藤量子に師事
2011年
Australia National Theatre Ballet Schoolへ留学
2012年
RAD Advanced2 取得
Diproma of Arts 取得
National Theatre Ballet School卒業
帰国後フリーとしてバレエ協会等の公演に出演

出演作品

2013年 クレアシオン 「マリー・アントワネット」
振付:江藤勝己

2014年 全国合同バレエの夕べ 「Route Passionate…..」
振付:坂本登喜彦

世田谷クラシックバレエ連盟公演 「ホフマンの恋」
振付:伊藤範子

2015年 都民芸術フェスティバル 「コッペリア」

特別講師

伊藤 範子(いとう のりこ)

【オフィシャルホームページ】・谷桃子バレエ団研究所教師

伊藤 範子ヴァリエーション
クラス 担当

1973年
谷桃子バレエ団研究所入所。
1985年
英国ランバートバレエスクールへ留学。Ballet Rambert 60周年記ガラ記念講演にAntony Tudor振り付け「Soiree Musicale」のタンテラ役で出演。スクースパフォーマンスで「眠りの森の美女」のオーロラ姫のパ・ド・ドゥを踊り卒業する。
1985年
帰国後、谷桃子バレエ団に入団。
全国舞踏バレエコンクール、ジュニアの部弟3位。
1989年
全国舞踏バレエコンクール、シニアの部第2位。
1991年
「白鳥の湖」全幕で主役デビューしてから現在、谷桃子バレエ団のプリンシパルとして活躍中。
1995年
音楽新聞「松村賞」受賞。

白鳥の湖、ドン・キホーテ、リゼット、くるみ割り人形、シンデレラ、ジゼル、レ・シールフィード、パ・キータ、バヤデルカ、コッペリア、シェヘラザード、バフチサライの泉、ロミオとジュリエット(クルベリー振付)、ライモンダ、等をレパートリーとして全ての主役を踊る。
橘秋子記念財団主催「日本バレエフェスティバル」、日本バレエ協会主催ヤングバレエフェスティバル、青山バレエフェスティバル、彩の国さいたま芸術劇場オープニングガラ公演、「ゴールデンバレエコースター」等に出演。
上田 遙、島崎 徹、後藤早知子、松崎すみ子、中島伸欣の作品の創作バレエの公演に出演。
新国立劇場のオペラ「カルメン」「椿姫」「イル・トロバトーレ」「オテロ」の再振付を務め、自ら「椿姫」「セルセ」の振付も手掛ける。
バイオリニストの高嶋ちさ子、フジテレビアナウンサーの軽部真一のプロデュース公演「めざましクラシックス」にゲスト出演、アメリカ、マースカニングハムカンパニーのエレン・コンフィールドと組んでバレエとコンテンポラリーのワークショップ、バンドネオン奏者の小松亮太と共演、など幅広い活動を行う。

苫野 美亜(とまの みあ)・Dance Sanga所属

苫野 美亜コンテンポラリー
クラス 担当

4才より山口けいこ子バレエスクールにてクラシックバレエを始める。山口圭子に師事。

1995年
山本禮子バレエ団付属研究所に入所。
1999年
フランス カンヌロゼラハイタワーに短期留学
2000年
常磐高等学校バレエ科卒業
2002年
NBA全国バレエコンクール シニアの部 第2位受賞

山本禮子バレエ団入団 バレエ団の全公演に出演
退団後フリーとして活動
「NDT―キリアンフェスティバル」ポロネーズ(振付:イリ・キリアン)「堀内充とフットライツダンサーズ」「ヤング・バレエ・フェスティバル」「バレエ・フェスティバル」「Amoeba」「ラ ダンス コントラスト」などの様々な公演に出演
堀内充、佐藤宏、鈴木稔、佐藤知子、島崎徹、中村恩恵の作品を踊る
2008年 Dance Sangaに所属
中村恩恵作品の振付けアシスタントも数多く務める

2014年 横浜市テアトルフォンデ・アズビルアワード受賞

井原 由衣(いはら ゆい)・バレエダンサー・バーオソル講師

井原
2003年
東京新聞全国舞踊コンクール ジュニアの部1位
文部科学大臣賞受賞
2005年
「MUSES」2005 (フランス・ニース) バレエ部門1位
ガラ公演出演 (ニース・オペラ座にて)
2003.9
フランス国立マルセイユバレエ学校に留学 主席にてスクール公演「パキータ」等 主役に抜擢される
2005.7
フランス国立マルセイユバレエ団入団
2006.2〜2008.8
フランス国立パリオペラ座バレエ団
契約ダンサーとして所属 現在 2 万人以上の会員を指導するバレエダンサー・バレエ講師竹田純とともに バーオソルレッスンを多くの方に広げる為、さまざまな場所でバーオソルレッスンを開催中。

「バーオソルとは」

フランス語で“床の上のバー(レッスン)”を意味するバーオソルでは、その名の示す通 り、床に座った状態でバレエの動きを行います。 骨盤周りの鍛えにくい部分に集中的にエクササイズ効果を与えられる為、バーオソルは 非常に効果的なトレーニング法として評判になっています。
現在バーオソルは世界中のバレエ学校で必須カリキュラムとして採用され、プロのダン サーの美しい身体を作り直す方法として広く認められています。

「バーオソル入門」

人それぞれ身体の使い方のくせを見ながら、正しい体の軸のポジション、筋肉の意識の 仕方、を丁寧にお伝えします。 本来の身体の機能向上、ケガの防止、生活改善、パフォーマンス向上等….. バレエはもちろん、普段の生活でもバーオソルで鍛える体幹はとても大切です。 身体を鍛えることで、姿勢や歩き方はもちろん、女性らしい身体を保つことができます。 見た目は柔らかく、芯はしっかりと強い美しい女性を目指しましょう。

橋本 えり(はしもと えり)

橋本えり

幼少時より体を動かすことが好きで、様々なスポーツ・ダンスに親しむ。

2005年
クラシックバレエを習ううち、体のケアの必要性を感じstudio yoggyにてヨガを始める。以降、時間のある時のみ通学しクラスを受講する一方、自宅にてアーサナプラクティスを行う。
2015年
親族の病気が大きなきっかけとなり、studio yoggyにてトレーニングコースを受講・修了する
2016年
2016年よりヨガインストラクターとして活動している。心身共に健やかに過ごすためにはどうしたら良いかに興味があり、ヨガに限らず様々なことに関心を持ち、学ぶ姿勢を大切にしている。

【メッセージ】

クラス中、日常から離れて自分自身の内側に集中できるのが、ヨガの良いところの一つだと考えています。「クラスが終わった後、体や心が緩んだ。すっきりした」と思っていただけるクラスを心掛けています。

  • ■ヨギー・インスティテュート認定200時間コース(BTC,YAC,MIC,TTC) 修了
  • ■studio yoggy リストラティブヨガ・トレーニングコース 修了
  • (■全米ヨガアライアンス200(RYT200))

【フロー(Flow)について】

呼吸に合わせて、テンポよく体を動かすクラスです。運動量が多いため、ダンスやスポーツが好きな方、体力を付けたい方、体を動かしてリフレッシュしたい方におすすめです。
呼吸法から始まり、徐々に体を動かし、中盤ではポーズとポーズを繋げながら流れるように動きます。終盤では柔軟性の高いポーズを幾つか行い、心身共にリラックス状態へと導きます。ヨガを通して、しなやかな心と体を養いましょう。

また、ヨガとバレエは足の向き、体の使い方等異なる部分もありますが、共通する部分、参考になることも多くあると私自身感じています。体幹部分の安定感や身体の柔軟性を高めたい方、心身のケアに興味のある方、是非一緒にヨガを楽しみましょう!

ページのトップへ